今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まさかの結果となったベガルタ仙台戦

相手の狙い通りの試合になったと言えばそれまでだけど、やっぱり受け入れがたい結果ですね。試合の序盤が全てだった気がするほど、とにかく入りが良くなかった・・・
先制された時間帯の前後以外にはピンチらしいピンチはなく、特に後半は完全に押し込み続けてましたからね。ただ、これも仙台さんが先制したからこその試合展開で、同点のまま、もしくはウチがリードする展開であれば仙台さんの攻撃面での圧力は全く違うものだったはず

そして、90分を通して負けていたと思うのは、仙台さんの2トップに入るロングボールを防ぐことができなかったこと。長沢選手とハモン・ロペス選手へのシンプルなロングボールがことごとく彼らに収まってしまい、試合序盤のピンチもこの対決に勝つことができなかったことで作られましたからね

それでも後半は、特に赤崎とネットが入ってからは、

いつゴールが決まるだろう?
追いつけばその勢いで逆転できる

という気持ちで応援していたんですが・・・

試合を決定づけた2失点目のシーンは、マルの出足が完全に一歩遅れてました。というか、マイボールだと思って追い始めてたように見えましたね。一瞬の気の緩みだったのかな~。この悔しさは、残り試合で取り返して欲しいと心から願うばかり

もうひとつ気になったのは、この試合では攻守において和泉くんの細かい小さなミスが多かったこと。アーリアとの交代があるかな?と思ってました。この点も流れをつかみ損ねた遠因になったかも知れません


それと、試合後のゴール裏では色々あったようですね。ただ、ひとつだけ断言できるのは、グランパスを応援するサポーターと選手の目指しているのが共に勝利であること。立場や表現の仕方は人それぞれですが、残留に向けて勝利して欲しい、勝利したいと強く願っているのは同じだということ。それだけは間違いないと確信してます


選手たちに応援する側の気持ちを訴えることも、それ自体を越権行為だと感じる人も、言われなくてもやっていると反論する選手たちも、私は誰のことも責めたりする気はありません。これも、J1残留というゴールに向かう途中にころがっていた小石にしか過ぎない話。みんなで今回それを蹴飛ばしたんだから、後は今までと同じように自分たちの役目をしっかりとこなすだけです

次は、アウェイのコンサドーレ札幌戦。赤崎が出場停止となるのは残念ですが、グランパスには他にも頼もしい仲間がいます。厳しい相手ですが、次こそは勝点3を持って帰りましょう!
関連記事

| 2019 名古屋関連 | 22:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT