今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5ヶ月未勝利が4ヶ月ホーム勝利なしに勝ったベガルタ仙台戦

昨日は仙台の街も暑かったようですね。それはプレーする両チームの選手たちの苦しそうな表情を見てもわかりました。もちろん名古屋の街はいつも通り暑くて気温は仙台以上でしたし、今日以降は更に高温になると見込まれており、実際に今日は19:00時点で34.3℃もあるなど、もう異常な気候ですのでサッカー禁止令が出ても不思議ではない状態です
そんな中で、仙台さんを上回るチーム総走行距離となる 「116km」 を実現できたベースには勝利への執念があったはずですし、その気持ちが目に見えない 「若干の運」 を呼び寄せたのかも知れません。もっとも、試合間隔のアドバンテージは大きかったはずです

勝点3は手にしましたが、仙台さんにゲームを完全に支配される時間帯もあったし猛攻にさらされる時間帯もありました。決定的な力量差があるわけじゃないので、そのような場面を乗り越えなければ勝つことはできないわけですからね


カタチなんて何でもいい

勝利という結果こそが今は大事

それが次に向けた大きなステップになる



それにしてもジョーは本当に良くなりましたね。ボールが収まらなかった頃が嘘のようで、攻撃のみならず守備のときにも積極的にボールに絡んでくるシーンが多かったのは動けるからに他なりません

そして前田のタフさ。最後は足がつって動けなくなりましたが、本当に良いアクセントになってます。和泉からの強く速いパスを見事にコントロールしてからのゴールはお見事でした

驚いたのは新井の投入。ハーフナー選手対策の側面もあったでしょうが、攻撃側の選手(シャビエル)と交代させるなんて 「守り切れ!」 という強烈なメッセージでもあるわけで、勝点3への執念みたいなものを感じましたよ


とにかく、5ヶ月ぶりを味わった選手やスタッフなどのクラブ関係者はもちろん、現地まで駆けつけた熱いサポさんたちもそうですし、私と同様にエアコンの効く環境でDAZN観戦した方々ももちろん、本当に良かったですね。残留争いのライバルたちが例のごとく勝点を失っていることも喜びを大きくする要因でもあります

サガン鳥栖さん:負け
ガンバ大阪さん:引き分け ※90+3に同点にされる
柏レイソルさん:負け
V・ファーレン長崎さん:負け ※90+4に勝ち越される(※情報訂正済み)
横浜Fマリノスさん:負け

ガンバ大阪さんとV・ファーレン長崎さんが勝利を目前にして同点ゴールを奪われて引き分けに終わったのは、色々な意味でウチにとって大きな結果となりましたね

喜ぶのはこの瞬間だけにしよう!

1試合消化が少ないとは言えども、私たちは降格圏であり最下位の立場から脱出したわけではありません。週末には残留争いのライバルでもあるガンバ大阪さんとの直接対決が待っていますので、この相手をホームで倒して一歩前に進みましょう

名古屋グランパスの勝利で、暑い名古屋の街を熱くしよう!

私たちの応援で選手たちを後押しできれば最高です

関連記事

| 2018 名古屋関連 | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT