今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

W杯決勝戦を観戦、したたかなフランスが優勝国に!

フランスとクロアチア、スタメンで知っている選手はどちらも数人程度しかいないってのが今の私の知識。特に思い入れもないけど、フランスに肩入れしながら今大会最初で最後の試合観戦をしてみました
フランスでは、ロリス、ポグバ、グリーズマン、ジルーの4人で、クロアチアでは、マンジュキッチ、モドリッチの2人だけ。あえて加えるならフランス代表監督のデシャンも知ってます(笑)

そして、この大会から導入されたVARってのがあんな風に利用されて、審判の判定に介入するのも初めて知ったわけで、これが本当に必要なのかどうかは少し疑問を感じます。設備面を考えると、Jリーグで導入される日がやってくるのかどうかはわかりませんね。DAZNマネーが解決するのか?


さて試合を振り返ると、選手間の距離も絶妙でボールへの出足も非常に良かったクロアチアがゲーム全体を上手くコントロールしていると思っていたけど、結果は4失点もしてしまうなんて、世間的に良く語られる 「良いサッカー」 の意味を考えさせられてしまいます。まぁ、自分的には 「勝つサッカー」 を求めたいし、結局のところ勝たなきゃ観ていても楽しくありませんからね


印象に残った選手は、フランスの10番の選手が見せた驚異的なスピードと、クロアチアの4番の選手の左サイドを駆け上がる姿。私が知らなかっただけで、きっとみなさんはご存じなんでしょうがね。モドリッチなんて、スパーズに移籍してきた約10年前に知った選手だけど、クラブレベルだけじゃなくW杯でもこんなに活躍する選手になるとは、さすがに当時は予想できませんでした


ってことで、もしかしたらと気になっていたテロなどの事件もなくW杯も無事終了。1998年大会、2002年大会の優勝国は覚えているけど、前回大会も含めてそれ以降の大会を制した国がどこなのか全く覚えていないという寂しい記憶力の持ち主なので、きっとこの大会のことも4年後には忘れているんだろうな~

関連記事

| 2018 その他 | 10:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT