今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あの熱病から20年が経過した、フランスW杯は貴重な記憶

日本中が沸いていたと言っても過言ではないフランスW杯から早くも20年が経過しました。私もフランスW杯を現地観戦したひとりなので、あの頃を振り返ると感慨もひとしおです
当時の回顧録はこちらをご覧いただければと思いますが、この大会を最後にして日本代表への興味は霧散してしまい、欧州サッカーとグランパスへの傾倒が加速していったことを思い出します。そして今や欧州サッカーを観戦することもなくなり、グランパス一筋って感じですね

若い方はご存じないと思いますが、あのW杯ではチケット空売り問題があり、現地まで足を運んだにもかかわらずチケットを手にすることができない事態に直面した方も数多くいました

そんな日本人から金をせしめようと高額でチケットを売る人が現れたり、販売価格の10倍以上の値段でも購入する方がいたりと大混乱。ニュースでも連日そのような模様が報道されてました

何を隠そう私もご多分に漏れず巻き込まれてしまい、観戦ツアーが催行中止になる可能性も出たり、ツアー参加が確定したのが出発日の直前だったり、2試合観戦予定が1試合になったりと・・・。まぁ、観戦できなくなったのがピクシー率いるユーゴスラビア代表の試合じゃなくて、日本代表の試合で良かったと言えば良かったですよ

何しろ、観戦したユーゴ×ドイツ戦ではピクシーの晴れ舞台とゴールに立ち会うことができましたからね。名古屋グランパスに所属するピクシーがW杯の舞台でプレーする瞬間を同じ場所で体感することができたのは、私にとって一生の宝です

こうやって振り返ると色々と無理をしたことも良い想い出になってますし、同じツアーに参加していた方とは今でもサッカーを通じた交流がありますからね

関連記事

| 2018 その他 | 23:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT