今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

劇的な変化を望むのは難しくとも、座して死を待つわけにはいかぬ

目指すべきサッカーとピッチ上でのパフォーマンスが乖離して、プレーオフ圏内を出入りするような順位にまで落ち込んでいた昨季の夏。その現状を大きく打破したのがシャビエルの加入と適応だったのは間違いないところ。そして今季はシーズン序盤で早くも深い谷に落ち込んでしまい、昨季よりも深刻な状況からもがきながら何とか抜け出そうとしている最中
このような状況を打破するために考えられる即効性のある施策としては、監督交代や選手補強がありますが、これまでの動きを見る限りでは前者は選択肢から除外しても良さそうな感じ。とすれば選手補強となります

選手補強も大きく分ければ外国人選手の補強と日本人選手の補強の2種類あり、ジョー、シャビエル、ホーシャ、ミッチのアジア枠を含めた4人がレギュラー選手であることを考えれば、レギュラー選手としての外国人選手を補強することは考えづらいことになります

すると残るは日本人選手

それも、控えの選手層を厚くするための存在ではなく即レギュラーとなるレベルの選手を探すわけですから、国内クラブのレギュラー選手を獲得するのはカテゴリーに関係なく相当困難なはずで、不幸にも出番を失っているようなレギュラークラスの選手が果たしているのかと考えれば疑問です。あとは、同じく出番を得られなくてJ復帰を視野に知れているような海外組でしょうかね

何れにしても、風間さんの元でプレーするだけでも決断するのは難しいでしょうから、困難な立場にある名古屋でのプレーを決断してくれる選手を獲得すること自体が相当困難じゃないかと思いますよ

しかし、待ったなしで取り組むしかありません

これら以外に考えうる究極の選手補強は、川崎さんの選手に打診することくらいですかね。監督が他クラブで指揮を執る際には古巣から選手を連れてくるってのは割とスタンダードな手法ですが、どのような事情なのかは別にして今まではそこに手を出しませんでしたからね

何にしても、名古屋が今よりも強くなるためなら手段は問いませんので、現場をサポートできる選手を獲得できるよう願ってます

関連記事

| 2018 名古屋関連 | 00:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT