今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長崎さんにも完敗、未だ上向く兆しは見えず

ミッチの素晴らしさだけが際立った試合
それ以上でもそれ以下でもない
俺たちは闘う集団じゃなかったのか?

選手、監督の試合後のコメントを読むと、選手として試合に臨むベースの部分に関する言葉が散見される始末。本当に危機的状況になっていることを前提にして、そこから脱却するために選手ひとりひとりができることをやって欲しい

「強く、見て楽しいサッカー」

小西社長が語るビジョンとは大きくかけ離れてしまった現実と、どのように向き合っていくのかすぐにでも対処しなければ、誰もが不幸になる結果しかそこにはありません

「攻撃的なサッカー」

勝利から見放されてからの12試合では、これが絵に描いた餅になっているのは紛れもない事実

3年後を見据えたチーム作りよりも
今は目の前の勝点3が欲しい

選手、監督が 「闘う姿」 を見せてくれたら、応援する側だって一層大きなチカラで後押しできます。もっと応援してくれたら頑張れるなんて甘っちょろいことを言う選手はいないでしょうが、応援のチカラが足りないならもっと応援しますよ



最後に、

榎本大輝選手のアグレッシブなプレーはとても目立ってましたね。彼を含めて既に来季以降の加入を決断している選手たちの気持ちを裏切らないためにも、残留だけを目指して全力で闘うしかありません。それがクラブとしての最低限の義務です

関連記事

| 2018 名古屋関連 | 08:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT