今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪コンディションを味方につけてセレッソ大阪さんから勝点1をゲット

この日のセレッソさんが普段と比較してどのようなパフォーマンスを見せていたのかなんて関係ない。守備面で存在感を発揮することのできる選手を多く配置するなど、なりふり構わず最後まで集中を切らすことなくゴールを許さなかったことには価値があると感じている
この日の天候は風雨が強い荒れ模様で、万全のコンディションじゃない方が8連敗の流れを止めるためにはアドバンテージになるかも知れないと、自分の中では前向きにとらえて試合に臨んでいました

真っ黒に日焼けした姿が印象的だった清武選手の負傷交代も、ひとりのサッカーファンにとっては残念な気持ちもありながら、ウチにとっては助かった部分が大きかったかも知れません

負傷と言えば、全体練習に復帰したばかりの新井がサプライズ先発を果たしたのは、嬉しいだけじゃなく憂慮すべき部分もあり、手放しでは喜ぶことができませんでした

何しろ、練習復帰から公式戦出場までが早すぎで、それもピッチコンディションが悪い中での登場には、ホーシャが負傷から復帰したときもそうだったけど風間さんにはもう少し起用には慎重になって欲しいと思ってしまいました。何事もなかったようなので良かったけど、それはあくまでも結果論。選手の復帰起用に対する配慮は慎重すぎても損はないと思いますよ

それにしても、この日もゴールが遠かった。ピンチも少なかったけれど、それ以上にチャンスは少なかった。これでは勝点3を手にするのは難しいですね

その中でも気になるのはやっぱりジョーのキープ力。あそこでボールが落ち着けることができれば、もっと前へのアプローチを見せることができると思うんですがね。せっかくジョーに当てても簡単に相手に奪われてしまうので、行ったり来たりで落ち着かないんだよな~

そのようなプレーが得意かどうかは別問題なので、求められる役割をしっかりとこなしてもらえれば攻撃のアクセントになるはず・・・。彼に対しては期待が大きいだけに、どうしても求める物が大きくなるのは仕方ないところです

結局は大事に至らなかったのでこのまま埋もれていってしまうのでしょうが、アーリアが退場となったシーンは残念でした。仮に相手から挑発行為を受けていたとしても、それに乗って損するのは自分自身ですし、必死に戦っていたチームメイトもうそう、応援している我々もそう。しっかり反省してもらわないと困ります

そして、その判定を踏まえての反応だったんじゃないかと思いますが、タイムアップ後の審判へのブーイングには見苦しさしか感じませんでした。個人的には90分を通して判定に大きな違和感を感じるところはありませんでしたし、何よりシャビエルの非紳士的行為に対してお咎めなしにしてくれたことには感謝しているくらいです。アーリアの退場判定が原因で巻き起こったブーイングだったとしたら、私には全く理解できない光景でした


さて、形の上ではようやく連敗がストップしましたが、そんなものでは満足できない現状が名古屋にはあります。あくまでも残留に向けて上昇曲線を描くことができるよう、更なるステップアップを目指していきたいですね。次の横浜FM戦はもうすぐです!

関連記事

| 2018 名古屋関連 | 22:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT