今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湘南戦、お互いにやり切った感のあるスコアレスドロー

相手の弱点を狙うというわけではなく、自分たちのスタイルで押し切ろうというスタイルで意地の張り合いを90分やり切った印象が強く残る試合でした
試合序盤からハイプレスにさらされながらも、逃げるわけでもなく運動量で見劣りするわけでもなくゴールこそ決めることはできなかったけれど、がっぷり四つに組んだ昇格組の対戦は、勝利には結びつかなくとも楽しんで観戦することができました

何しろ前節で川崎さんと引き分けた湘南さんに見劣りすることなく勝負できたことに加えて、ザルだと笑われる守備陣が2試合連続で相手をノーゴールに抑えたのは自信にもなりますよね。湘南さんとの決着は最終節に取っておきましょう。お互いにどんな立場でその対戦を迎えることになるのか?

残念ったのはやっぱり負傷者が出てしまったことで、不可抗力で足首を痛めたホーシャの状態は心配です・・・。長引かないことを祈るばかり

そして、ジョーのコンディションはどうなんでしょう?

ポストプレーで出色の存在感を見せるわけでもなく、相手DFを手玉に取るわけでもなく、少ないチャンスを活かすわけでもなく、まだまだコンディションが上がってくるには時間がかかりそうですので、焦らずに待つしかありません


3節を終えて勝点7、他クラブの仕上がり具合は良くわかりませんが、上出来の成績だと思ってます。試合を重ねればホーシャのような負傷者も増えるでしょうし、小林が早くも2枚目のカードをもらったのも気になります。小林は代役がいないほど重要な役割の選手なので、出場停止での不在試合を極力少なくして欲しいところ

まぁ、そのような状況を控え選手たちがチャンスに変えることこそが一年を安定して乗り切るポイントですから、今のウチにはその力があると信じて応援していきたいと思います

現地組のみなさん、熱い応援ありがとうございました
関連記事

| 2018 名古屋関連 | 14:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT