今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

望外のスタートとなった開幕2連勝

このまま走り続けることができるわけはないとはわかっていても、制裁沙汰でも起こさない限り減ることがない勝点を積み上げたのは事実ですし、最低限のハードルであるJ1残留に到達するためにも嬉しい結果です
それも、38,916人もの観衆の中でスマートな内容ではなくとも勝利を挙げたのは、豊スタ大観衆という過去に黒歴史を刻んできた悪条件を乗り越えたことを考えても、非常に価値のある結果だったと思います

さて、現地での写真などを少しだけ紹介しながら試合を振り返ります

選手紹介の映像も、昨季と比較すればお金がかかっている感じがしますね

手が震えてブレがあるのはご容赦ください


コレオも綺麗に決まりました!
20180303_磐田戦03


ようこそ豊田スタジアムへ
ジュビロ磐田サポさんたちも大挙して押し寄せてきました
20180303_磐田戦02 20180303_磐田戦01



私の知る限りでは我々のゴール裏へ挨拶には来てくれませんでしたが、もしかしたらこれが彼なりの挨拶だったりして(笑)
20180303_磐田戦04
京都さんに移籍した面々はブーイングを浴びながらもケジメをつけてくれたわけで、どうしてもそれと比較して見てしまいますよね。もっとも、あちらは闘莉王が見せる姿勢の影響が大きかったとは思いますが・・・



対戦相手であっても特別な選手である中村俊輔選手
20180303_磐田戦05
キャリア晩年になってもその存在感はさすがですよ



この試合唯一のゴールを決めたシャビエル
20180303_磐田戦06
利き足ではない右でもさすがです
それにしてもホーシャはスキンシップが好きだな~



前節の玉ちゃんに続き、寿人もJ1のピッチに復帰です
20180303_磐田戦08
ちょっと時間が短すぎでしたが、シーズンはまだまだ長いので、きっとあなたの力が必要になる時期がやってきますよ



タイムアップ後のホーシャの儀式、これは勝利を逃したときでも同じなのかな?
20180303_磐田戦09


試合後半はサイドから、中央から、DFラインの裏へと、磐田さんの必死の崩しを受けてしまいましたが、最後の最後で踏ん張り通して何とか無失点でフィニッシュ。J2のときでもほとんどなかった完封劇は自信になるでしょう

新加入選手がスタメンの5人もいる中で、開幕2戦とも選手間の連携に違和感を感じることもなく、本当に素晴らしい出来だったと思います

ここに割って入ることを虎視眈々と狙っている控え選手やベンチ外の選手たちには、高いレベルでのチャレンジをし続けて欲しいですね



ちなみに、豊スタのホーム開幕戦にはこの二人も視察に来ていました
20180303_視察する二人

2020年東京オリンピックを目指す五輪代表監督の森保一氏と日本サッカー協会の技術委員長の西野さん。ちなみに西野さんはG大阪戦も現地観戦していたのを確認しているので、もしかしたらウチの菅原由勢くんのことをプッシュしてくれたのかな?なんて勝手な想像をしてしまいました

他にも、平ちゃんの「ほな行こか。」#3 ~名古屋篇~で 「ぼくは負け嫌い」 の色紙でも有名(?)な豊田章男会長もタイムアップの瞬間まで観戦されてましたね。勝つことができて良かった良かった~

関連記事

| 2018 名古屋関連 | 21:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT