今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GKの補強はどうしても必要なのかな?

今季の武田のパフォーマンスには不満も不安も感じていないから、自分としてはこの動きに違和感を感じてしまいます。加えて、楢崎正剛に対してどのように向き合うつもりなのかも疑問ですね
レバンテGK獲得へ!ドルト時代香川と同僚ランゲラク(スポニチ)

ランゲラク選手ってのがどんなプレーヤーなのか名前すら知らなかったし、香川選手の元同僚と言われても彼に興味がないから何も響かない。それに、オーストラリア代表GKと言えば私の中ではマーク・シュウォーツァーだもんな~

この話の対象がフィールドプレーヤーであれば自然に受け入れることもできるでしょうが、GKは唯一無二のポジションですからね。レギュラーを任せるなら最低でも5年は居座ってもらはないと困ります

特に欧州の舞台を常に意識しているような外国人選手の場合は、1~2年で欧州に戻りたくなるんじゃないか?って懸念が拭えません。C大阪さんのキム・ジンヒョン選手のように、どっしりと腰を落ち着けてくれる心構えさえあれば話は別だけどね

そして、シーズン終盤にポジションを掴んだ武田の意欲向上につながるようなら、それはそれで効果ある話にもなりますが、最終的に気になるのはウチの大守護神のこと。近い将来にやってくるはずの引退の瞬間は、何としても名古屋の選手として迎えて欲しいし、それまでの間は武田と競い合って欲しいと思っているから、実際問題としては名古屋でのキャリアに対して引導を渡すような動きになりそうなのが気になります・・・

外堀を埋められてやむなく引退とか移籍とかを決意させられるのではなく、これだけの大選手なので本人が自然な形で幕を引く環境を準備するのもクラブの責務だと思うんですがね

ひとりのファンとして考えたときには、どうしても感情的な部分を無視できません

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 19:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT