今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あれから3週間、もう一度あの興奮を味わいました

なかなか時間が取れない時期が続いていたこともあり、ついつい後回しにしていたDAZN配信のプレーオフ決勝の映像をようやく観ました。アクセスしてみて気づいたのですが、この配信の視聴期限は1月2日までとのこと。もう一度確認したい映像がある方はお気をつけくださいね
NHKBSの録画映像で確認したときもそうでしたが、全てを現地で体感しているのにタイムアップの笛が鳴るまで緊張感が途切れない試合でした

そして、ほんのわずかな勝負のあやが演出したスコアレスドローは、全く互角の試合結果としてはこのタイミングで振り返ってみても妥当なものだったと思います

喜びを味わった側が言うのは嫌味に聞こえるかもしれませんが、純粋な気持ちとして本当に素晴らしい戦いだったと思います。グイグイと試合にのめりこんでしまいましたよ


映像アングルのバリエーションはNHKとは比べものにはならないほど豊富でしたし、チャンネル切り替えまで気が回らなくて録画し損ねたセレモニーも最後まで確認できたのは大きかったですね。まぁ、やっぱり自動昇格の2チームこそ称えられるべきだとの気持ちは強くなりましたが・・・


J1昇格とJ2残留、この現実のもたらす事実の大きさをあらためて感じたのは、結果として敗者となったアビスパ福岡さん側の様々な姿を目にしたときですね

流れる涙を隠そうともしないウェリントン選手

アウェイゴール裏で顔を上げることができないアビスパ福岡サポさんたち

試合後のインタビューに目を赤くして登場した井原監督


どこかのシーンでボールの弾み方が少しだけ違っていれば、もしかしたら立場が逆になっていたかも知れないと思えば、なおさら手にした結果の大きさを実感させられます


昇格の仕方としては実に劇的ではありますが、所詮はJ2で3位のクラブでしかありません。要するに立場としては来季はJ1で一番弱い位置からのスタートです。浮かれることなく、地道に戦うしかありませんね

クラブとサポーターが一体となることができれば、自ずと道が開けると信じて!

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 10:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT