今日も書くのかい? ~名古屋グランパスのある街から~

NagoyaNoid が自分の言葉で名古屋グランパスとサッカーを語るブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

多くのジェフ千葉サポさんを迎え、最高の雰囲気で勝ち取った勝利!

クラブにとってもこのような重要な試合をホームで開催できるってアドバンテージは大きいですね。アウェイゴール裏を黄色く染めたジェフサポさんたちの力もお借りして、本当に素晴らしい雰囲気の中で選手たちを後押しすることができてうれしかったですよ
それが勝利という結果につながり、一層大きな喜びにもつながりました

この試合は、近藤選手のクリアボールが泰士の手に当たった後に同点ゴールを決めたシーンが大きな話題にもなっていますが、私も現地で見ていて「ハンドだ」とその瞬間に感じて覚悟しましたが結局はお咎めなし

状況からして主審も副審も見えていなかったんだろうと理解しましたし、見えていないのであればハンドになるはずもありません。ただ、手に当たっているのは見えていたと近藤選手に主審が発言したとの話もありますので、手に当たったからハンドだとセルフジャッジをしてしまったジェフ千葉さんの選手たちには厳しい結果になりました

ちなみに、当ブログは自分たちに有利であろうが不利であろうが「判定は絶対!」のスタンスですので、レフェリングも含めてサッカーであると納得した上でのコメントになっていることをご理解いただきたいと思います

まぁ、逆の立場ならウチの選手たちも大抗議しているでしょうし、サポーターたちも痛烈に審判批判するような気がするので、ジェフ千葉さんのやりきれない気持ちは十分にわかるつもりです。選手たちとっても、サッカー人生をかけた戦いですからね

正直言ってウチにとっては助かるシーンでしたし、これ以降は一気に流れがこちらに傾きましたので、その意味でも大きな判定だったと言えるでしょう。何しろ、あの同点ゴールさえなければ、その後の逆転ゴールになったGKのクリアミスもなかったわけですから


あらためてジェフ千葉さんの印象を挙げると、
・全ての面でやっぱりやりづらい
・攻守の切り替えの素早さには感心する
・縦への突破は油断できない
・出足が良いからセカンドボールがなかなか拾えない
・ラリベイ選手は確実に収めるね~

などなど、あまり対戦したくない気持ちは今も変わりません(笑)

あくまでも結果論ですが、2週間前に完敗したことが今回の勝利につながったという、ジェフ千葉さんにとっては皮肉な結末になったんじゃないでしょうか。あまりにも記憶に強く残っているタイミングだったので、リベンジに向けてチーム一丸になれたというか、これがレギュラーシーズン後半戦の序盤に対戦して同じく完敗していたとしたら、時間を置いた今回もきっとやられていたでしょう


ウチの側で前回対戦との違いを大きく感じたのは
・シモちゃんの使い方
・ハイラインの裏を狙う
・パス回しに固執しない

言い換えれば、ジェフ千葉さんに真っ向勝負を挑むのを避けたと見えなくもありません。別にそれは恥ずかしいことではありませんし、このような対応を試合の状況に応じてフレキシブルに選手たちがチョイスできるようなレベルになれば素晴らしいですよね



エスナイデル監督の試合後のコメントを読むと、試合中にテクニカルエリアで見せるクレーマーばりの熱いリアクションが信じられないような冷静な語り口に驚かされてしまいます。会見では例の判定にも触れなかったそうですし、ジェフ千葉さんを応援するブログの大半も判定を受け入れてのコメントになっており、その潔さと冷静に受け止めている姿勢は私もリスペクトしたいと思います



最後にもう一度

最高の雰囲気を作り出した両チームのサポーターさん、最後まで緊張感あふれる試合を見せてくれた両チームの選手たちに感謝したいと思います

20171126_PO千葉戦00

以上、次は写真で振り返りながら現地の雰囲気を紹介するつもりです

関連記事

| 2017 名古屋関連 | 16:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT